仲間由紀恵、朝ドラ沖縄ロケの合間に実家へ 強まる故郷愛

視聴回数2,971,893

※ 視聴回数について
NEWSポストセブン

NEWSポストセブン【動画公式】

NHKの連続テレビ小説『ちむどんどん』でヒロインの母親・優子を演じる仲間由紀恵さん。忙しいロケの合間を縫って、撮影場所から車で2時間近くかかる沖縄の実家に駆け付けていました。
31才のとき、沖縄の歴史を描いたドラマ『テンペスト』に出演したことを機に改めて沖縄愛が強くなったという仲間さん。
芸能関係者は「その時期から、沖縄の海やサンゴ礁の保全活動のPRをしたりと、環境問題にも取り組んできました。時間を見つけては沖縄に帰り、家族と触れ合うことも増えたそうです」と明かしています。