「小室殿下」は絶対ムリ!で自民党に広がる「早く結婚して」

NEWSポストセブン

NEWSポストセブン【動画公式】

菅内閣が「女性宮家創設」を再び検討しています。しかし、眞子さまと小室圭さんの結婚問題が障害になりかねないようです。
現在の皇室経済法に従えば、宮家の当主と配偶者には合わせて年間約4600万円の皇族費が税金から支払われることになります。
「小室殿下」が生涯、税金で贅沢な生活を支えられるとなれば「そんな女性宮家には反対」という国民からの批判が高まる可能性も。
そのため、政府・自民党内には「眞子さまは早く結婚して皇籍離脱してもらいたい」という声があがっているようです。