多部未華子、第1子出産を報告「人生で1番大きかった出来事」

視聴回数4,109,836

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の多部未華子(32)が18日、都内で行われたアニメ映画『ボス・ベイビー ファミリーミッション』の公開記念舞台あいさつに参加。今年、出産したことを明かし、「すっごく幸せ」と今の心境を語った。
 多部は、今年の漢字について「環境」とした。「今年、子どもが生まれたので、それが一番、大きかった。むしろ人生で一番、大きかった。環境が変わって、今までと同じ道を歩いても世界が違って見えるようになった」と振り返る。
 「去年に、この『ボス・ベイビー』に参加していたら…。今年、子どもを産んで、全赤ちゃんがかわいくて仕方がない。なので、この映画を見ても出てくる赤ちゃんが、かわいくて、かわいくて仕方がない! 自分にとっても特別な年に、この作品に参加できて、すっごく幸せ。最高の1年が締めくくれたと心から思います」と思いを伝えていた。
 多部は、2019年10月に写真家の熊田貴樹氏と結婚し、今年3月に第1子の妊娠を公式サイトで報告。「このまま心身共に穏やかに過ごしていきたいと思っております」と伝えていた。
 前作から25年後が舞台の本作。大人になったボス・ベイビーと兄のティムの元に、“見た目は赤ちゃん、中身は女スパイ”の新たなボス・レディが現れ、世界を救うために再びボス・ベイビーとティムを赤ちゃん返りさせて、史上最大のミッションに挑むストーリー。
 そのほか、ムロツヨシ、芳根京子、宮野真守、乙葉、石田明(NON STYLE)も参加した。