ゆうたろう&浅香航大、人気ドラマ『チェリまほ』が映画化でファンに感謝

視聴回数2,028,281

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の赤楚衛二、町田啓太が9日、都内で行われた映画『チェリまほ THE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~』の公開記念舞台あいさつに出席した。
本作は、一昨年10月期にテレビ東京系で放送され、世界中で配信されて大旋風を巻き起こしたドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(通称「チェリまほ」)の続編。恋愛経験ゼロで童貞のまま30歳の誕生日を迎えた冴えないサラリーマンの安達が、“触れた人の心が読める魔法”を手に入れ、社内の人気者で仕事もできる同期の黒沢が自分に好意を寄せていることを知る。黒沢の心の中は自分への恋心でいっぱいというまさかの事態に戸惑う安達だったが、一途な黒沢の思いに次第に心が動かされ、安達と黒沢は晴れて恋人同士になる。
舞台あいさつには、赤楚らのほか、浅香航大、ゆうたろう、草川拓弥、佐藤玲、鈴之助、風間太樹監督らがズラリ。全員が口々に封切りを喜び、観客から万雷の拍手を浴びた赤楚は「初めてこうやって(ファンと)対面させていただいて、こみ上げてくるものがあります」と感激しきり。
町田も「いや~、うれしいです。ありがとうございます、本当に感慨深いです」と壇上からの景色を噛み締め「こうやってみんなで登壇するのは初めて。この機会をいただけたのも、皆さんのおかげだと思います」と感謝の思いを口にした。
その後も撮影秘話に花を咲かせ、映画化決定の際に話題が及ぶと、赤楚は「めちゃくちゃうれしかったです」と目を輝かせ、町田も「またみんなと会えるのもうれしいし、またあの世界に入れることがうれしかった」とほほ笑んでいた。