未来の交通システム「ヴァージン・ハイパーループ」、10年以内の実用化目指す

視聴回数299,679

※ 視聴回数について

ロイター映像ニュース

10年以内の開業を目指し米ラスベガスで開発が続けられている次世代の高速輸送システム「ヴァージン・ハイパーループ」。完成すればチューブ状のトンネル内を、最大時速1200キロで高速移動するという。いったいどんな乗り物なのか、取材した。