候補者乱立の都知事選 東大卒AIエンジニアが「超アナログ」な世界に名乗りを上げた理由

視聴回数1,678,343

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
NEWSポストセブン

NEWSポストセブン【動画公式】

NEWSポストセブンです。
立候補者数が56人となった東京都知事選挙。
そのひとり、安野貴博氏は東大卒の若手AIエンジニアです。
アナログである政治の世界に、なぜテクノロジーの最先端を走る若手エンジニアが立候補したのでしょうか。
安野氏によると、自分たちの一票が、どう反映されているのか不透明に感じていたといいます。
国会議員や都議にヒアリングすると「有権者からなにを託されているのかわからない」という意見もあったそうです。
テクノロジーによって有権者の意見をもっと吸い上げることが、できるのではないかと思ったことが、立候補の理由だと明かしました。