木村カエラ「風呂の水は冷めてから捨てて」下水道局の見解は

視聴回数1,446,860

※ 視聴回数について
NEWSポストセブン

NEWSポストセブン【動画公式】

ラジオ番組での木村カエラさんの発言が話題です。木村さんはSDGsのために、「お風呂のお水は冷めてから捨てるようにしていて」と発言。
「海の豊かさを守るため」だと理由を述べました。
ただ、東京都下水道局によると「熱湯を流すのは配管を傷めるので避けたいところですが、お風呂のお湯程度であれば気にする必要はありません」とのこと。
家庭の生活排水は10時間以上かけて処理され、川や海などに流されるので、温かいまま流れることはあり得ないそうです。