杉咲花、主演ドラマ『アンメット』で話題の自身の“そばかす”に言及「隠さなくてもいいかな」

視聴回数493,814

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の杉咲花(26)が17日、都内で行われた「ファンケル無添加スキンケアシリーズ『toiro』新CM発表会」に出席。放送中のカンテレ・フジテレビ系月10ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』(毎週月曜 後10:00)で話題となった”そばかす”について言及した。
杉咲は、主人公の記憶障害の脳外科医・川内ミヤビ役で出演する。15日の第1話放送後には、そばかすが見えるほど薄いメイクが作品の世界観に合い、リアリティさを表現していると好評だった。
杉咲は「自分はそばかすがあるんです。そのままで出ていて『すごくいい』っていう方もいれば、『取った方がいい』という方もいるんですよね」と反響について触れ、「私は、自分のそばかすをこれでいいと思っているし、それがありのままの自分だと思うから隠さなくてもいいかなと感じていて」と告白。「きれいにしたい方はしていいと思います。本人が望むようにいられることがすてきなことだなと思います」と語った。
同作は、講談社『モーニング』で連載中の同名漫画(原作・子鹿氏、漫画・大槻閑人氏)を実写化。主人公を“記憶喪失の脳外科医”ミヤビとして再構築し、目の前の患者を全力で救い、自身も再生していく、新たな医療ヒューマンストーリーを目指す。大病院を舞台に、ミヤビの“2年間の記憶”に隠されたミステリーも見どころとなる。脚本は篠崎絵里子氏(※崎=たつさき)。
杉咲が出演する新CM「一人十色篇」は、新商品の発売に合わせ、あす18日から全国で放送される。CM楽曲には、YUKIの新曲「Hello, it’s me」を採用。杉咲が、同年代の女性が共感できる日常のシーンを等身大に演じる。