ナワリヌイ氏滞在先の飲料水ボトルから神経剤を検出、陣営発表

視聴回数327,258

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ロイター映像ニュース

ロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏の関係者は17日、同氏が滞在したシベリア西部の都市トムセクのホテルの部屋にあった、中身が入っていない水のボトルから、旧ソ連が開発した神経剤「ノビチョク」が検出されたと明らかにした。