コロナウイルス、携帯電話ガラス面で28日間感染力持続も=研究

視聴回数1,029,187

※ 視聴回数について

ロイター映像ニュース

新型コロナウイルス感染症の原因ウイルス「SARSーCOV―2」について、プラスチックを用いた紙幣や携帯電話用ディスプレーのガラスの表面上で最長28日間感染力を持続できるとの研究結果が発表された。豪州連邦科学産業研究機構(CSIRO)の研究チームによるもの。