WHO事務局長とグレタさんがタッグ、公平なワクチン供給を訴える

視聴回数356,060

※ 視聴回数について

ロイター映像ニュース

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は19日の記者会見で、必要な資源を公平に分配すれば、今後数カ月以内に新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を抑制することができると述べた。
また会見にゲストとして参加したスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんは、富裕国が発展途上国の弱者よりも自国の若年層を優先してワクチン接種を行っていることは倫理的に問題であると主張した。