松田龍平が明かす山田孝之監督の姿「僕に対しての演出はニヤニヤしてるだけ」

視聴回数215,466

※ 視聴回数について

フジテレビュー!!動画

第33回東京国際映画祭 「TOKYOプレミア2020」部門のワールド・プレミア作品として「ゾッキ」(2021年春公開)の舞台挨拶が行われ、竹中直人監督、山田孝之監督、齊藤工監督、出演者の松井玲奈、森優作、松田龍平、原作者・大橋裕之、脚本家・倉持裕、鈴木寿明蒲郡市長が登壇した。
本作は、漫画家大橋裕之の初期作集「ゾッキA」「ゾッキB」の約30編の短編作品を原作に、竹中直人・山田孝之・齊藤工の3人が映画監督として共同制作をした、ありふれた日常に巻き起こる、不思議な笑い包まれた、なんだかわからないけど、きっと明日を楽しくするヒューマンコメディだ。
監督は、8作目となるベテランの竹中、3作目の齊藤、映画作品初監督となる山田の3人が共同制作をした。