「喉仏」って英語で言えますか?【金ため英会話】

視聴回数1,996,575

※ 視聴回数について

フジテレビュー!!動画

喉仏は英語で「アダムの林檎(Adam's apple)」と言います。
アダムとは聖書に出てくるあの「アダムとイブ」のアダムで、フランス語(pomme d’Adam)やイタリア語(pomo d’Adamo)でも同様です。
西洋で一般的に使われているようですが、なぜそんな言葉にしたのか、南無阿弥陀仏や南無妙法蓮華経を嗜む我々日本人にとってはさっぱり意味が分かりません。
ただ、よく考えると「喉仏」も十分に変な言葉で、どちらが変か、と問われると、仏教徒のほうに軍配が上がりそうな気もします。
それぞれの由来についてはネットにありますので、例文をしっかり学んだあとに調べてみてはいかがでしょうか。
今回は、「喉仏」というフレーズを英語で紹介。