コロナ男来店のフィリピンパブ 担当ホステスが帰国していた

視聴回数2,693,039

※ 視聴回数について
NewsMagVi

News MagVi(マグビ)小学館公式

3月初旬、新型コロナに感染したことを知りながら「ウイルスをばらまく」と語って来店した男によって、営業自粛に追い込まれた愛知県蒲郡市のフィリピンパブ。
あれから5カ月店はどうなったのでしょうか。
オーナーが取材に答えてくれました。
オーナーによると「お店に出てくれるホステスは遠方からのお客様やご新規のお客様だと“感染リスクがある”と接客したがらない。
男性を担当していたホステスも『コロナが怖いから』とフィリピンに帰国してしまった」とのことです。