コロナ差別が蔓延 “コロナーマン”扱いまで

視聴回数6,385,052

※ 視聴回数について
NewsMagVi

NEWSポストセブン【動画公式】

News MagViです。
新型コロナウィルス感染拡大の影響で不当な差別を受ける人が増加しています。
40代の主婦は「感染者が出た地域の小学校に通う子供が“コロナーマン”と呼ばれ“あの地域に住んでいる人とは話したらダメ”と教える親までいるそうです」と悲しそうにコメント。
また、30代会社員は「北海道出張から帰って以来職場の先輩や同僚たちに感染者扱いされています。
2週間はオレに近づくなと真顔で言ったりすれ違うときに息を止め露骨に嫌そうな顔をする人もいる」と明かしています。