河村たかし直筆文、謝罪の専門家あ然 「二重線で直すなんて」

視聴回数4,710,903

※ 視聴回数について
NEWSポストセブン

NEWSポストセブン【動画公式】

ソフトボール選手の金メダルをかんだ問題で市の職員たちに迷惑をかけたとして、直筆謝罪文を送った河村たかし名古屋市長。
その謝罪文にも波紋が広がっています。
文字の大きさはバラバラで、行書とも違う癖のある崩し字。
後半では「私が悪かったことでご=ざいます」と、字を間違えたのか、二重線で消した部分もありました。
『謝罪の作法』の著書がある増沢隆太氏は「二重線で直すという行為は謝罪文書では論外です」と呆れかえっています。