幸福の科学・大川隆法総裁逝去 後継有力候補は29歳年下の妻

視聴回数5,132,813

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
NEWSポストセブン

NEWSポストセブン【動画公式】

NEWSポストセブンです。
新興宗教「幸福の科学」の創始者で総裁を務める大川隆法氏が急逝しました。
そうした中、注目されているのが後継が誰になるかということです。
雑誌『宗教問題』の小川寛大編集長は「順当に行けば現在の妻・紫央さんが代表になる流れではあると考えられます」とコメント。
紫央さんは大川氏の29歳年下で、11年前、20代の時に結婚。総裁補佐として活動しています。
結婚当時は“坂本竜馬の生まれ変わり”といわれ、話題となりました。
いま30代の紫央さんが教団を引っ張っていくことになるのか、信者ならずとも注目です。