【めざまし独占】横浜流星の“やめられないこと”に多部未華子がきゅん「かわいいなぁ…」

視聴回数1,129,857

※ 視聴回数について

フジテレビュー!!動画

広瀬すずさんと松坂桃李さんがW主演を務める映画「流浪の月」の完成披露試写会が4月13日に行われ、広瀬さん、松坂さん、横浜流星さん、多部未華子さん、李相日(リ・サンイル)監督が登壇しました。
この作品は、「2020年本屋大賞」を受賞した凪良ゆうさんによる同名小説が原作。10歳の時に、誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かない・さらさ)を広瀬さんが、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文(さえき・ふみ)を松坂さんが演じます。
イベント終了後に、広瀬さん、松坂さん、横浜さん、多部さんにフジテレビ『めざましテレビ』の永尾亜子アナウンサーがインタビューしました。