箱根駅伝コース紹介 往路1区

視聴回数1,746,301

※ 視聴回数について

Yahoo! JAPAN

正月の風物詩、箱根駅伝。東京・大手町~箱根・芦ノ湖間を往路5区間(107.5km)、復路5区間(109.6km)の合計10区間(217.1km)で競う、学生長距離界最長の駅伝競走です。1920年(大正9年)に日本マラソンの父として知られる金栗四三らの「世界に通用するランナーを育成したい」との思いで創設されました。
大学生ランナーたちが激闘を繰り広げるコースを区間ごとに徹底解説。区間の特徴や勝負どころなどのポイントをわかりやすく伝え、過去の名勝負なども紹介します。
監修:谷口浩美(箱根駅伝では3年連続6区を快走。世界陸上競技選手権大会金メダル・宮崎大学特別教授)
正月の風物詩、箱根駅伝。大手町にある読売新聞本社前をスタート。1区は大手町から品川を通り、鶴見まで。東京都と神奈川県にまたがる21.3kmの道のりです。序盤は皇居、東京タワー、増上寺などのランドマークをの側をランナーたちが駆け抜けます。1区の見どころはランナー同士の駆け引きが行われる二2つの橋です。品川にある新八ツ山橋と、多摩川を超える越える六郷橋。御殿山へ向かう新八ツ山橋付近。初めての上り坂でランナーたちの駆け引きが始まります。山坂を下り、10kmあたりで順位が落ち着く1区の序盤はハイペースになることが多い。服部翔大選手(日体大)が自己ベストを記録するものの、大迫傑選手(早稲田大)がさらに上回る記録を出して区間賞を獲得。大森海岸、平和島、京急蒲田など京急線と並行して走ります。1区最大の山場となるのが、18km付近の六郷橋。多摩川を越えて神奈川県に入ったランナーたちは橋の下り坂で一気にスパートをかけていきます。監督のゲキを受けたランナーたちは最後のスパートで21.3kmの鶴見中継所に飛び込んできます。区間記録は2007年83回大会。東海大学の佐藤悠基選手が記録した1時間1分6秒です。
■箱根駅伝丸わかりガイド - Yahoo! JAPAN
https://graphic.yahoo.co.jp/hakone_ekiden/