朝咲いて夕方には散る沙羅双樹

視聴回数160,623

※ 視聴回数について

時事通信映像センター

京都市の妙心寺・東林院で15日、平家物語に登場する沙羅双樹の花が緑濃いコケの上に散っていた。朝咲いて夕方には散ってしまうことから、はかなさの象徴としてうたわれている。