夕張メロン、2玉12万円で落札 昨年の40分の1、コロナで需要減―札幌初競り

視聴回数563,092

※ 視聴回数について

時事通信映像センター

北海道の初夏を告げる風物詩、夕張メロンの初競りが25日午前、札幌市の中央卸売市場で行われた。554玉が競りに掛けられ、このうち1箱(2玉入り)が12万円で落札された。落札価格は昨年(500万円)の40分の1以下。新型コロナウイルス感染拡大の影響で小売店が営業できず、需要が落ち込んだことが原因とみられる。