東京株、2万6000円回復 終値29年半ぶり、連日の高値

視聴回数488,025

※ 視聴回数について

時事通信映像センター

17日の東京株式市場では、新型コロナウイルスのワクチン開発が進み経済活動の正常化が早まるとの期待から、日経平均株価は前日比107円69銭高の2万6014円62銭と続伸して取引を終えた。終値で2万6000円台を回復するのは1991年5月以来約29年半ぶり。前日に続きバブル崩壊後の最高値を更新した。