ナゴルノカラバフの村、全員姿消す アゼルバイジャンが制圧

視聴回数404,327

※ 視聴回数について

時事通信映像センター

旧ソ連構成国のアゼルバイジャンとアルメニアによる紛争が長年続くナゴルノカラバフにある山あいの村ビョユクタラル(アルメニア名メッズタイル)を2月下旬に訪れた。昨年までアルメニア人1000人以上が暮らしていたとみられる。9~11月の紛争後、村から全員姿を消した。