梅雨の晴れ間に沙羅双樹の花

視聴回数7,450

※ 視聴回数について

時事通信映像センター

平家物語ではかなさの象徴としてうたわれた沙羅双樹(さらそうじゅ)の花を「愛(め)でる会」が15日、妙心寺の東林院(京都市右京区)で始まった。沙羅双樹として知られるナツツバキは、梅雨の時期の朝に咲き、夕方には散ってしまう。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、参拝者は適度な間隔を空けて鑑賞していた。30日まで。