元総長ら「検察の力そぐ」 14人連名で撤回要求―定年延長、異例の意見書

視聴回数1,989,365

※ 視聴回数について

時事通信映像センター

 検察官の定年を引き上げる検察庁法改正案について、松尾邦弘・元検事総長(77)ら検察OB有志が連名で「政治権力の介入を正当化し、検察の力をそぐ」などと撤回を求める森雅子法相宛ての意見書をまとめ、15日、法務省に提出した。元検察トップが公然と法案を批判するのは異例。