年末年始診療で1日50万円 医療体制確保へ協力金 神奈川県

視聴回数1,937,884

※ 視聴回数について

時事通信映像センター

神奈川県は18日、年末年始に新型コロナウイルスの感染が疑われる発熱患者らを1日4時間以上診療する医療機関に対し、1日当たり50万円の協力金を支給すると発表した。期間は29日~1月3日までの6日間。
 年末年始に診療する医療機関に対しては、東京都が4時間当たり15万円の協力金を支給すると発表している。神奈川県は、医療提供体制を確保するため、金額を大幅に上積みした。