「あの日」の記憶、伝え続ける 各地で追悼、コロナで縮小も 阪神大震災26年

視聴回数684,789

※ 視聴回数について

時事通信映像センター

6434人が亡くなった阪神大震災は17日、発生から26年を迎えた。新型コロナウイルスの感染拡大で兵庫県にも緊急事態宣言が出される中、被災した神戸市などで例年より規模を縮小して追悼行事を実施。遺族らが地震が起きた午前5時46分に鎮魂の祈りをささげ、震災の記憶や教訓を伝え続ける思いを新たにした。