将棋の藤井棋聖、最年少で二冠 4連勝で王位獲得、八段昇段も最速達成

視聴回数1,858,404

※ 視聴回数について

時事通信映像センター

将棋の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦7番勝負の第4局が19日から福岡市内で指され、20日、後手の藤井棋聖が80手で勝ち、4連勝で二つ目のタイトルを獲得した。18歳1カ月での二冠達成で、羽生善治九段(49)の最年少記録(21歳11カ月)を塗り替えた。 
また、「タイトル2期獲得」という八段昇段の規定も満たし、加藤一二三・九段(80)=引退=の最年少記録(18歳3カ月)も同時に更新した。