1都3県に緊急事態宣言 首相、時短営業・外出自粛呼び掛け きょう(8日)から来月7日まで

視聴回数863,735

※ 視聴回数について

時事通信映像センター

政府は7日夕、新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長・菅義偉首相)を首相官邸で開き、東京都と埼玉、千葉、神奈川3県を対象にした緊急事態宣言を決定した。発令期間は8日から2月7日まで。感染リスクが高いとされる飲食店などへの営業時間短縮の要請が感染対策の柱。この後、首相は記者会見に臨み、時短営業や午後8時以降の不要不急の外出自粛への協力を国民に呼び掛けた。
 首相は会見で「感染を減少傾向に転じさせるため、今回の緊急事態宣言を決断した」と説明。「1カ月後には必ず事態を改善させる」との考えを示した。医療体制を確保するため、新型コロナ対応の病床を増やした医療機関に対し「1床当たり450万円の補助を上乗せする」との方針も表明した。(代表撮影)