安倍首相、辞任表明 持病悪化で職務継続困難

視聴回数2,271,277

※ 視聴回数について

時事通信映像センター

安倍晋三首相は28日、首相官邸で記者会見し、辞任の意向を表明した。持病の潰瘍性大腸炎再発により職務継続は困難と判断したと説明、任期途中での辞任を陳謝した。首相は新型コロナウイルスの収束や日本経済の立て直しに道筋を付けられないまま、来年9月までの自民党総裁任期を待たずに退陣することになった。同党は政治空白を避けるため後継選びに着手した。