豪雨災害、なお2000人避難 発生2週間

視聴回数959,091

※ 視聴回数について

時事通信映像センター

 熊本県南部の広い範囲に浸水被害をもたらした豪雨は18日で発生から2週間となった。県内の住宅被害は少なくとも全半壊が592棟、床上浸水が5525棟に上る。なお約2000人が避難所に身を寄せ、69世帯で孤立状態が続いている。映像は、18日の球磨村の様子。