東京の医療体制「逼迫」小池知事「年末年始特別警報」4000床確保を要請

視聴回数1,093,144

※ 視聴回数について

時事通信映像センター

東京都は17日、専門家を交えた新型コロナウイルスのモニタリング会議を開き、医療提供体制のレベルを最も深刻な「逼迫(ひっぱく)している」に初めて引き上げた。会議では、入院患者の増加に伴い、通常医療との両立が困難な状況になったと報告。小池百合子知事はその後の記者会見で「年末年始コロナ特別警報」を発出した。