扇子を開いて飛沫を防止 大阪

視聴回数382,467

※ 視聴回数について

時事通信映像センター

大阪ミナミの商業施設「心斎橋オーパ」のフードコートでは、新型コロナウイルスの感染予防対策として、扇子のように開いて使うついたて「和扇」が使われている。半径50センチもあり、広範囲に飛沫(ひまつ)を防ぐことができる。空間が明るい雰囲気が彩られ、評判は上々という。21日撮影。