国民、玉木代表が続投 党勢拡大に決意 臨時党大会

視聴回数467,329

※ 視聴回数について

時事通信映像センター

国民民主党は18日、東京都内で代表選のための臨時党大会を開き、玉木雄一郎代表(51)が伊藤孝恵参院議員(45)を破り、続投を決めた。任期は2023年9月末まで。次期衆院選を控え、玉木氏が低迷する党勢を拡大できるのか、改めてその手腕が問われることになる。
 玉木氏は、臨時党大会後の記者会見で「改革中道、政策提案型の党のポジションをこれからもしっかり進めていきたい」と表明。「まずは衆院選に向けた態勢強化に全力で取り組みたい」と党勢拡大へ決意を示した。