「京都新城」石垣と堀見つかる 最晩年の秀吉築城、初の遺構―京都

視聴回数773,144

※ 視聴回数について

時事通信映像センター

 京都市埋蔵文化財研究所は12日、京都市上京区の京都仙洞御所内で、豊臣秀吉が最晩年に築いたとされる「京都新城」の本丸を囲う石垣と堀が見つかったと発表した。同研究所によると、同城の遺構が発見されたのは今回が初めて。
 京都新城は1597年に京都御所の南東に築城され、秀吉の死後、正室の高台院の屋敷となった。