5カ月ぶり舞台に灯 東京・歌舞伎座が再開

視聴回数197,767

※ 視聴回数について

時事通信映像センター

東京・銀座の歌舞伎座で1日、「八月花形歌舞伎」が幕を開けた。新型コロナウイルス感染症の拡大を受け歌舞伎の公演は3月以降、中止が続いていたが、5カ月ぶりに舞台に灯がともった。
 感染症対策で客席を半分以下に絞り、1演目ごとに出演者も観客も入れ替える4部制で実施。一番乗りをした20年来の歌舞伎ファンという男性(58)は「何カ月も見ていないと、その必要性が分かります」と話した。京都から訪れた20代の女性は「歌舞伎座は安心ですが、街中は心配なので、きょうはすぐ帰ります」と語った。