中間貯蔵施設を公開 除染土搬入75%―環境省

視聴回数399,601

※ 視聴回数について

時事通信映像センター

環境省は24日、東京電力福島第1原発事故に伴う除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設(福島県大熊、双葉両町)を報道陣に公開した。県内の除染で発生した土壌などは約1400万立方メートルで、これまでに約75%に当たる1045万立方メートルを運び込んだという。