京アニ放火、容疑者逮捕 36人殺害など認める やけど回復、動機解明へ・京都府警

視聴回数1,119,562

※ 視聴回数について

時事通信映像センター

アニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)で昨年7月、36人が犠牲となった放火殺人事件で、京都府警は27日、殺人や現住建造物等放火などの疑いで青葉真司容疑者(42)=さいたま市見沼区=を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。青葉容疑者は事件で全身に大やけどを負い京都市内の病院に入院中だったが、府警は勾留に耐えられる状態に回復したと判断、逮捕に踏み切った。府警は27日朝、入院先の病院で逮捕状を執行し、伏見署へ移送後に送検。京都地検は同日午後に勾留請求し、6月5日まで10日間の勾留が認められ、医療スタッフが常駐する大阪拘置所に身柄を移した。