レトロ好きにはたまらない!老舗カフェ「喫茶ソワレ」のゼリーポンチ

視聴回数102,435

※ 視聴回数について
BuzzFeed Japan

BuzzFeed Bring Me

京都の四条河原町にある「喫茶ソワレ」。昭和23(1948)年創業の歴史ある喫茶店です。
看板メニューのゼリーポンチ(¥750)は、昭和53(1978)年頃、二代目オーナーの奥さんが考案し、40年以上続く定番メニューです。
5色のカラフルなゼリーの上に季節のフルーツが添えられており、100年以上同じ製法で作られているサイダーは、刺激の少ない優しい炭酸なのでゴクゴクと飲むことができます。
他にも、ゼリーを使った様々なドリンク、カクテル、フロートがメニューにあります。
このお店のコースターやタンブラー・ゴブレット・コーヒーカップ等には画伯東郷青児(とうごうせいじ)氏の絵が使われています。
創業者が店のイメージに合うと気に入って絵を飾っていたところ、二科会作家 佐々木良三氏に連れられ本人が来店し、以後このお店のために、何枚もの美人画を描いてもらったのだそうです。
このため、東郷青児氏以外の絵画は「二科会」の会員の絵画が中心となっているそうです。
喫茶ソワレの特徴的なブルーのライトは、女性がきれいに見える灯りだそうで、創業者の友人、染色家・上村六郎の提案で取り入れられました。
海の中にいるような幻想的な空間の中で提供される、可愛らしいキラキラとしたゼリーポンチは、ずっと眺めていられる素敵さです…。