ミキ&梅山恋和(NMB 48)「花の甲子園」アンバサダー就任

視聴回数582,775

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

吉本興業と華道家元池坊は14日、都内で会見を開催。『Ikenobo 花の甲子園 2021』のアンバサダーにお笑いコンビ・ミキとアイドルグループ・NMB48の梅山恋和が就任したことを発表した。
“京都の品がある兄弟”を自称するミキがアンバサダーに。「お笑い界のヒヤシンス」と昴生は自己紹介したが、厳かな雰囲気でスベリ気味。亜生から「さっき携帯で花を調べていた」と暴露され、「調べた割にはゼロ笑い」と自虐的に語っていた。昨年の優勝した西京高校が登場。読み方が「さいきょう」だけに強そう話題になると、昴生は「生花パ~ンチ」を亜生にお見舞い。華道には似つかわしくない暴力に亜生は「これは一発退場」と注意していた。
会見終了後には質疑応答も実施。花に関するエピソードを問われた昴生は「鼻炎なんでね…」と花と鼻を間違えるという小学生のようなボケ方をしてしまう。亜生は「そっちの鼻ちゃう」と冷たくツッコまれると、昴生は「吉本の人間がニラんでいる…。誰も笑ってない。これは契約を解消されそう」と大慌てだった。
好きな花を問われると亜生は「ひまわり。太陽に向かって咲く。まさに芸人を表している」と話したが、昴生は「激薄コメントを(笑)。芸人のトークで、そんなオチはありえんぞ」と苦笑い。その後もグダグダが続き、何も話を思いつかなかった亜生は真摯に謝罪し、笑わせていた。
『Ikenobo 花の甲子園 2021』は、いけばなを学ぶ高校生3人が1チームとなり、制作した作品を発表する公開コンクール。2009年から始まり、今回で13回目の開催となる。大会は、リモートで地区大会があり、8地区の代表チームによる全国大会(11月14日、京都市池坊会館2階ホール)が行われる。地区大会のエントリーは受付中で、7月30日までとなる。