ダルビッシュ残念、サイヤング賞逃す バウアー受賞

視聴回数1,334,917

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

今季のサイ・ヤング賞が11日(日本時間12日)発表され、有力候補とされていたカブスのダルビッシュ有投手(34)は、受賞を逃した。全米野球記者協会(BBWAA)の投票で1位票3、計123ポイントで2位だった。受賞は最優秀防御率のタイトルに輝いたレッズ右腕トレバー・バウアー(29)で、1位票27、201ポイントを獲得した。
発表を受け、ダルビッシュがツイッターに思いを投稿した。「サイ・ヤング投票は2位でした!家族、応援してくださったファンの方々、支えてくださったスタッフ、チームメイトのお陰です。来年のこの日もドキドキできるようにまた頑張ります」(原文ママ)と笑顔の絵文字付きでツイート。発表は米テレビ局MLBネットワークの番組で行われ、受賞したバウアー(レッズFA)と、奪三振王となったメッツ右腕ジェイコブ・デグロム(32)が出演。ダルビッシュは欠席していた。
今季はリーグ最多の8勝(3敗)、同2位の防御率2・01、同4位の93奪三振をマーク。データ分析サイト「ファングラフス」のWARではナ・リーグ投手でトップの3・0だった。レンジャーズ時代の12年に得票9位、13年に得票2位になっており、得票上位3人のファイナリスト入りは2度目だった。
◆過去の日本選手の得票 サイ・ヤング賞の票を獲得した日本投手はこれまで7人。その中でも複数シーズンで票を得たのは野茂とダルビッシュのみ。最高位は最多奪三振を記録した13年のダルビッシュの2位だが、両リーグ最多21勝を挙げた1位のシャーザーとは110点差も付けられた。この年は岩隈が3位、上原が7位と日本選手3人がランクインした。
◆選出方法 MVP、サイ・ヤング賞、新人王、最優秀監督賞の各賞は全米野球記者協会(BBWAA)所属記者の投票によって決まる。原則、30球団の各本拠地から2人ずつ投票者として選ばれ、所属するリーグの賞に投票する。投票は公式戦終了後に行われるためポストシーズンの成績は影響しない。MVPは10位、サイ・ヤング賞は5位、新人王と監督賞は3位まで投票し、順位に応じてポイントが加算される。MVPは1位14点、2~10位は9~1点。サイ・ヤング賞は1位7点、2~5位は4~1点。新人王と監督賞は1位5点、2位3点、3位1点。12年から各記者の投票内容が公開制になった。(バウアーの写真はAP)