市和歌山・小園4安打完封「少し舞い上がった」反省

視聴回数1,014,641

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

<センバツ高校野球:市和歌山1-0県岐阜商>◇23日◇1回戦
市和歌山が県岐阜商との投手戦をサヨナラ勝ちで制し2回戦進出を決めた。0-0で迎えた9回裏1死一、二塁から亀井が中前適時打を放ちサヨナラ勝ちした。
プロ注目のエース小園健太投手(3年)は、最速147キロの力のある直球に多彩な変化球を織り交ぜ、4安打完封。試合後のインタビューでは「序盤からすごく苦しかった展開だったので、チームメートがチーム一丸となって打ってくれたのがとてもうれしかった。少ないチャンスだったので、(走者が)何とかセーフになってくれという思いで見ていた。僕自身すごく制球も悪かったので、苦しい中だったのですが、チームで取った1点ということでとてもうれしかった」と、虎の子の1点を奪ったチームメートに感謝した。
完封で勝利はしたが、自身の投球には反省を忘れなかった。8つの三振を奪った一方で、与四球は6。「初めての甲子園ということで、自分自身も少し舞い上がってしまったところがあった。少しフワフワした中で投げていたので制球が定まらなかったのが反省点かなと思います」と振り返った。
2回戦で明豊(大分)と対戦する。