加藤浩次が肺炎の疑いで入院治療へPCR再検査陰性

視聴回数1,444,998

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

9日に発熱し、同日放送の日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜午前8時)出演を見送った極楽とんぼ、加藤浩次(51)が13日も番組を欠席した。
同局水卜麻美アナウンサー(33)は加藤について「体調不良で先週の金曜日から『スッキリ』をお休みされている加藤浩次さんですが、発熱が続いているということで昨日も新型コロナウイルスのPCR検査を受けました。結果は前回に続き、陰性だったのですが、肺炎の疑いがあるという診断を受けまして、入院して検査と治療を受けることになりました」と報告。
「加藤さんはまずはとにかくゆっくりしていただいて、体調が万全に回復するまで『スッキリ』をお休みいただいて、治療に専念していただきたいと思っています」と話した。
ハリセンボンの近藤春菜(37)も「とにもかくにもお大事にしていただいて、本調子になったらほえていただきたと思います」と呼び掛けた。
加藤は9日に体温37度5分の発熱。その後にPCR検査を受けていたが、11日に陰性と診断されていた。
9日の同番組で、水卜アナがが加藤について「検温して37・5度の発熱があり、寒気も感じたということで大事を取ってお休みします。お大事にしてください」と説明。12日の放送も発熱が続いており、番組を欠席していた。