東出昌大が笑った「ディカプリオとか?」ゲスト希望

視聴回数6,616,601

※ 視聴回数について
日刊スポーツ

日刊スポーツ

長澤まさみ(33)の主演映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」(田中亮監督)大ヒット御礼舞台あいさつが7日、都内で行われ7月23日の公開初日から前日6日までの興行収入(興収)が33億5398万8450円と発表された。
19年5月公開の第1作「-ロマンス編」の29億7000万円を約4億円上回る大ヒットに、長澤は「驚き。本当にたくさんの方に映画館に行ってもらえたんだと。うれしい」と喜んだ。
新型コロナウイルスの感染拡大で4月に全国で休業に追い込まれた映画館は、営業再開後も前後左右1席ずつ空けるなどの対策を行っており、通常通りの集客は望めず、人気シリーズの新作でも前年より苦戦する作品が多い。その中での大ヒットに、江口洋介(52)は「この時期だからコメディーから力をもらおうという(動き)」と分析した。
長澤は「作品が愛されていることを知ると、次回作も決まっているし良いものを作ろうと思えた。力を合わせて楽しんでいただける作品になるよう努めていきたい」と、製作が決まった第3弾「-英雄編」(公開日未定)へ闘志を燃やした。
この日は東出昌大(32)も登壇。今後、希望する大物ゲストは? と聞かれ「誰でしょう…ディカプリオとか?」と答え、笑った。