中日山井大介が涙の引退会見「最高の瞬間味わった」完全試合目前の降板語る

視聴回数1,307,119

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

中日山井大介投手(43)が7日、名古屋市東区のバンテリンドームで現役引退会見を行った。同投手は9月30日に引退を発表。13日ヤクルト戦(バンテリンドーム)で引退を発表している藤井淳志外野手(40)とともに引退セレモニーが行われる。
「ここ数年はチームにも貢献できず、思うようにもいかなかった」。9月23日に加藤球団代表から戦力外通告を受けた。今季は1軍登板がなかったが、2軍でローテーションを守り、19試合7勝5敗、防御率3・94。2軍最終登板になった9月24日広島戦(由宇)では5回5安打3失点。「投げているときに何か力が沸いてくるのかなと思ったのですが、そういう気持ちにもならず、エンジンもかかってこず、1球1球を終わりかなと、かみしめながら投げてました」と、登板後に引退を決断した。
同投手にとって、最も印象深いのは日本ハムと対戦した07年の日本シリーズ第5戦。パーフェクト目前の9回に降板し、岩瀬との完全試合リレーでチームを53年ぶりの日本一に導いた。
「優勝することをいつも(目標に)やっていた。そこに向かってやってきたことがあの1試合になった。結果的に完全試合を岩瀬さんとリレーできた。そこには野手の方もいれば監督、コーチ、スタッフもいる。多くのファンのみなさんが背中を押してくれたことであの一瞬が訪れたと思う。あの瞬間を味わえた。忘れることができない、素晴らしい1日になった。プレーヤーとして最高の瞬間を味わわせてもらった」
時折涙ぐみながら野球人生を振り返った。優勝、日本一を知る右腕は、後輩たちへ「強いときのドラゴンズのようにもっと熱くなって欲しい」とエールも送った。
会見後には大野雄、田島、祖父江からサプライズで花束などを贈呈され、笑みがこぼれた。「山あり谷ありの野球人生に二重丸、花丸をあげたい」。指導者として再びユニホームを着ることにも意欲を見せ、現役最年長投手が20年のプロ人生に幕を下ろした。
◇ ◇ ◇
◆山井大介(やまい・だいすけ)1978年(昭53)5月10日、大阪府生まれ。神戸弘陵-奈良産大-河合楽器を経て、01年ドラフト6巡目で中日入団。新人年から31試合登板し6勝をマークするなど、先発と中継ぎで活躍。36歳の14年に初タイトルの最多勝と最高勝率の2冠を獲得し、国内FA権も得たが行使せず残留した。通算成績は335試合で62勝70敗20セーブ、防御率3・75。179センチ、86キロ、右投げ右打ち。