堤真一「普通のおっさん」化に成功、食事会で壁壊し

視聴回数916,492

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

俳優堤真一(56)が9日、都内で、主演映画「望み」(堤幸彦監督、9日公開)初日舞台あいさつに出席した。
同作は作家雫井脩介氏の同名ベストセラー小説を実写化したもの。誰もがうらやむ裕福な建築士一家を襲った事件をきっかけに、亀裂が入った家族の中で交錯する望みを描いた作品で、堤は1級建築士石川一登を演じる。「本当にうれしいです。精神的に大変な撮影だったんですけど、こうやって完成してみなさんに見ていただけることを心から喜んでおります」と初日を迎えた思いを表した。
石田ゆり子(51)、岡田健史(21)、堤監督も登壇。
堤の妻を演じた石田も「今年の初め、1月、2月くらいにじっくりと撮影した映画です。本当につらかったです(笑い)。毎日つらかったです。堤監督のもと、現場は良いチームワークで、幸せな現場でした」と振り返った。
堤が提案して、撮影前に監督を交えて4人で食事会を開いたという。堤は「映像の仕事でよくあることなんですけど、初めましてで恋人や家族ということがあるので、それ苦手だったのでお願いして」と経緯を話した。
映画には関係ない話を多くしたといい、息子役を演じた岡田は「堤さんがずっとお話しされていた。ひたすら情報量が入ってきて、石田さんがいい奥さんのような、ずっとうなずいて。ずっとぼくはおふくろとおやじを見ている感覚で、それがすごく撮影にも生きたなと思います」。
これについて堤は「撮影するときに、『こいつたいしたことない普通のおっさんや』って思ってくれた方がいいじゃないですか。だからくだらない話ばかりしていたんです」と説明した。
食事会の効果もあってか、石田は「堤さんは求心力があって、みんながそこに集まってくるような空気があった。みんな楽屋などに帰らずにセットの片隅で話をしているとか、何も話さなくてもとにかく一緒にいた」と振り返った。
イベントでは、初日を記念して鏡開きも行われた。最後に堤は「とにかくそれぞれの立場で、親、父、母、娘、息子、いろんな立場でみられる映画だと思います。いろんなことを感じる映画になっていると思います」とアピールした。