嵐の4人が約2年ぶりにファン前にサプライズ登場

視聴回数2,926,016

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

嵐の相葉雅紀(38)松本潤(38)二宮和也(38)櫻井翔(39)が3日、都内で、この日先行公開開始のライブ映画「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」(堤幸彦監督、26日全国公開)の先行初日舞台あいさつに出席した。昨年末のグループ活動休止後、4人がそろって公の場に登場するのは初めて。
昨年はコロナ禍で有観客イベントが行えなかったため、ファンの前にグループとして登場するのは、19年末に行われた年越しライブ「ジャニーズカウントダウン2019-2020」出演以来、約2年ぶりとなった。上映後に突如「感謝カンゲキ雨嵐」が流れ、4人がサプライズで登場すると、客席からは「ウソーッ!?」「えええ~っ!!」など驚きの声があがった。
この日はデビュー22周年記念日。芸能活動休止中のリーダー大野智(40)は出席しなかったが、4人は先日大野を含む5人そろってご飯を食べていたことを明かした。松本は「相変わらず楽しい時間でしたね」と5人での食事を振り返り、櫻井も「あの人、生きてます。変わらず5人でわちゃわちゃやっていますので、ご安心ください」と笑顔で呼び掛けた。
報道陣による写真撮影を終えると、櫻井は「えっ、もう終わり?」と名残惜しそうにした。相葉も「延長きかないんですか?」と訴えた。さらに松本が「今日、(映画で)大野くん見に来たって人? いますよね。朗報です。メッセージをあずかっています」と明かし、櫻井が代読した。「元気に生きてますのでご安心を」「嵐の歴史には欠かせない堤監督をはじめ、この映画に関わってくださった全てのスタッフの皆さん、そして何より全てのファンの皆さんの思いがこもった映画になっているのでぜひ見ていただけたらうれしいかぎりです!」などと大野の“声”を伝えた。
写真撮影では、カメラマンのリクエストで4人が肩を組んだ。カメラマンから向かって左端にいた相葉が右手を広げて、大野も含めて“5人で”肩を組むジェスチャーをした。客席には感極まって涙を流すファンもいた。