ロッチ中岡まさかのゴール「気持ちよかった」中岡杯

視聴回数1,823,465

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

まさかのゴール! 東京都ホッケー協会と日本ホッケー協会は6日、五輪会場の大井ホッケー場で「2020大井・高等学校ホッケー大会」を開催した。
全国高校総体が中止になった高校生に実戦の機会を提供する「救済大会」で、高校時代にホッケー部で同協会公認アンバサダーのお笑い芸人ロッチの中岡創一(42)が開催の音頭をとって実現した「中岡杯」。ミニゲームでは中岡が高校生とプレー。ゴール右から倒れ込みながらシュートしゴール。「高校時代以来だから24、25年ぶりです」と驚いた。
中岡は肩で息をしながら、最前線でベタ張りした。こぼれ球に反応して、体を投げ出してシュート。高校生の相手GKの足の下を抜けてゴールに入った。バンザイした中岡は「GKが足を上げて入れさせてくれました。優しさが身にしみて…。でも気持ちよかった。高校生が思ったよりも、真剣に楽しそうにやってくれた。それが1番です」。
「中岡杯」のきっかけは、6月の高校生との交流イベント。高校総体がなくなり「代替試合があるならやりたい」という高校生の言葉に「前向きに代わりになる大会をつくりたい」と反応した。リップサービスではなかった。イベント終了後に、すぐさま日本協会と話し合いに入った。同協会関係者は「その後は毎日のように『なんかできることありますか?』と連絡をもらいました」。コロナ禍で安全面のリスクはゼロにならない。ただ中岡が音頭をとったことで及び腰だった関係者の理解を得られたという。
中岡は「やりたい人もいる、やらない方がいいという人もいる。心が折れそうな、やめちゃおうかなというところもあった。でも『やめよう、やめよう』で全部をやめてしまったら…。大人として、子どもに見せられる姿じゃないなと思った」。コロナ禍で参加は東京都、神奈川県の男女8チーム、選手約200人となったが、約束をしっかり守って、大会を実現させた。