渋野誕生日で切り替え 22歳の1年を頑張っていく

視聴回数636,039

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

<国内女子ゴルフツアー:伊藤園レディース>◇最終日◇15日◇千葉・グレートアイランド(6741ヤード、、パー72)◇賞金総額1億円(優勝1800万円)◇無観客開催
渋野日向子(21=サントリー)が22歳の誕生日に復活の手応えをつかんだ。42位から出て、5バーディー、2ボギーの69で回り、通算4アンダーで23位に浮上して大会を終えた。
スタートの10番パー4で、第2打をピン手前3メートルにつき、22歳最初のバーディー。2番でボギーをたたいたが、5番パー5で2つ目のバーディー。後半はショットの距離感に、パッティングも安定して、3番でバーディーを奪うと、7番パー3では第1打をピン手前1メートルにつけバーディー。さらに8番で連続バーディー。9番でボギーをたたいたが、国内ツアー復帰以来の会心のラウンドとなった。
「ショットもすごく良かったし、パターに関しては、ここ最近で一番いいストロークができました。今日は不安なく18ホールを回れた。最後のボギーは悔しいですけど、それ以外をみると総合的に良かった」と最近では珍しく、高い自己評価を与えた。
実は右足裏の痛みがここ1週間ほど前から続いており、ラウンド中も痛みと闘いながらのプレーだった。「ここ1週間は何をしていても、寝ているときも痛くて起きちゃうことが2、3回あった。18ホールを回っていくにつれ、朝から最後の方の痛みが強くなった」と話した。痛みのためショットを強く振れず、抑えながらのプレーでも、クラブの番手を考えながら、徐々にショットの立て距離を合わせていったという。
22歳の誕生日は、この後、実家の岡山に戻り家族でお祝いするという。「何が食べたい?って聞かれたので、ブリの照り焼きと答えました。帰ったときの初日はいつもそれなので」と渋野。22歳を迎え「新しい年を迎えたことで、心の中でちょっと整理がついた。切り替えができました。来年は米ツアー挑戦もあるし、結果を出すために22歳の1年を頑張っていくしかない」と新たな年への決意を話した。