マエケン5勝目ならず、7回途中3失点8K好投も

視聴回数971,006

※ 視聴回数について

日刊スポーツ

ツインズ前田健太投手は7回途中、2安打3失点降板で5勝目はならなかった。
1回、いきなり1番レイエスに先頭打者本塁打を許したが以降、6回までパーフェクト投球。8三振を奪った。1-1同点の7回、四球と安打で無死一、三塁のピンチを招き降板。2番手投手が打たれ勝ち越しを許した。
それでもツインズは7回に1点差に迫ると9回裏、2点を奪いサヨナラ勝ち。前田の負けも消えた。
6回0/3、91球を投げ2安打1四球、8奪三振で3失点。防御率は2・77。
(写真はAP)